どうほうの家(京都)

どうほうの家(京都)について紹介しているページです。作業内容や工賃、所在地といった基本情報や、事業所の特徴、カリキュラムなどをまとめています。京都で就労継続支援B型事業所を探している方はぜひチェック!

「どうほうの家」の特徴

キリスト教精神を基盤とした施設

「どうほうの家」は、キリスト教精神を基盤としています。各事業所においてもその精神を経営・運営に生かしており、次の3つの理念を掲げています。「良きサマリア人たれ(ルカ10章25~37節)」「現場に落とし込め」「サービスの創造・創設を怠るな」。

相談支援事業も重視

どうほうの家は、大きく2つのグループに分かれています。1つめは、中度・重度の障がいを持った利用者のグループ。そしてもう1つは、精神障がいを持った利用者のグループです。また、相談支援事業にも力を入れているのが特徴。通所者や在宅の方の生活全体をサポートするべく人員を大幅増員し、京都でナンバーワン・オンリーワンの相談支援事業を目指して日々研鑽しているそうです。

一人ひとりのニーズに合わせた作業!

就労継続支援B型においては、人気のあるリサイクル自転車を中心に、農作業、下請け作業などを通して社会参加・自立を目指していきます。また、精神障がいを持った方から中度・重度の障害を持った方まで、一人一人のニーズに合わせた作業を実施しています。

カリキュラム例

リサイクル自転車作業の場合、どうほうの家や販売会などで販売する自転車の整備作業を実施。集団活動・作業が苦手な方や一人で作業したい方のために、一人ひとり作業ができる空間を設けながら取り組んでいます。

「どうほうの家」の基本情報

所在地 京都府宇治市小倉町西山44-4
作業内容 自転車磨き・サビ落とし・シール剥がし・自転車解体及び組み立てなどの整備作業・解体で出たパーツの運搬等・自転車販売会での自転車販売補助作業・リサイクル自転車作業など
作業時間 不明
工賃 不明
利用定員 60名

このサイトでは、利用者一人ひとりに対して手厚いフォローがあり、しっかりと社会復帰をサポートしてくれる、関西の優良な就労継続支援B型事業所を紹介しています。社会復帰の近道として、利用を検討している人はぜひ参考にしてくださいね。

関西エリアでおすすめしたい就労継続支援B型事業所厳選リスト