HOME » 就労継続支援とは?B型事業所のココが知りたい! » どこの誰が運営している?

どこの誰が運営している?

ここでは、就労支援(就労継続支援B型)の事業を経営・運営している事業者のことについて、くわしく解説をしていきたいと思います。

就労継続支援B型の事業者ってどんな人たち?

基準を満たした法人が事業所の運営者

「就労継続支援B型」とは、事業者が支援利用者と雇用契約を結ばない形で生産活動の機会を提供するものです。支援利用者は事業所に通うことで、生産活動の知識や能力の向上などを目指すことができます。就労移行支援事業所などを利用したけれど雇用に結びつかなかった人や、障がいなどが理由で一般企業で働くことが困難だったりする人が、利用対象となる支援です。

では、この就労継続支援B型を行なう事業所は、どんな人たちが経営・運営をしているのでしょうか?

就労継続支援B型の事業を始めるにあたっては、人員や設備に関する基準が設けられており、この基準を満たした法人であれば、事業を始めることができます。

国からの助成金が事業所の収入源

この事業には、“各種雇用関係の助成金”を国から受け取ることができます。この助成金額と、施設の利用者(障がい者など)に支払う工賃の差額が、事業所の主な収入源となるわけです。

就労継続支援B型は、利用者との雇用関係がないので、“賃金や就労体系を事業者側がある程度自由に決められる”という特徴があります。

事業所によっては利益優先のところも

上記のような仕組みから、就労継続支援B型事業所の中には「利益優先」のところ、つまり国からの助成金目的で利用者を単に囲い込んでいるだけのようなところもあるようです。このような事業所の場合、次のステップへ進むための満足なサポートを利用者が期待するのは難しいかもしれません。

しかし一方で、しっかりと利用者の社会復帰をサポートしてくれる事業所ももちろんあります。その事業者がレストラン事業やビル清掃事業など別に運営主体を持っていれば、その仕事の一部の作業を担わせてもらえることもあります。利用者に関連事業の作業をしてもらうことによって、“Win-Winの関係”を築いているケースが多いようです。

このように、ひとくちに就労継続支援B型といっても、さまざまな事業所があります。選ぶにあたっては、社会復帰に向けてしっかりと支援をしてくれる、信頼・安心できる事業所を選びたいものですね。

関西エリアでおすすめしたい就労継続支援B型事業所厳選リスト